スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三笠市立博物館のアンモナイト 

ちょっと目的があって三笠に行ったのですが、その途中であやしい建物発見ーーー
建物の屋上の大きい海生爬虫類オブジェが見過ごせませんでしたw
これはもう寄るっきゃないですよ

h2_20111103002604.jpg

中に入るといろいろすごいです

h5_20111103002813.jpg

--------------------------------------------
来館者が直接手で触れることのできる約1メートル程のサイズのアンモナイトの化石がフロア中に展示されており、巻貝や二枚貝のイノセラムスの化石も手でじかに触れることが可能な展示品である。そのほかにも、恐竜を再現したジオラマや爬虫類の骨格の化石標本、白亜紀に存在した大型の肉食爬虫類であるエゾミカサリュウが展示されている。特にこのエゾミカサリュウの展示品は、1976年6月21日に採取された標本で、翌1977年に文部省から天然記念物の指定を受けたものである。
----------------------------ウィキペディアより


アンモナイトさわってもよかったのか…なでてくればよかった

バビル2世に出てきそうな怪鳥、、、と思った人は40代以上ですか|Д`)・・アラフォ-
h9_20111103002812.jpg

恐竜の全身骨格レプリカたちも迫力でした

アルゼンチンのカルノタウルス君
h6_20111103002813.jpg

同じくアルゼンチンのアマルガサウルス君
h7_20111103002813.jpg

アメリカ・ユタ州のアロサウルス・フラジリス君
h8_20111103002813.jpg

そして一番のびっくりはコレだΣ(´д`ノ)ノ

これが世界最大のアンモナイトーーーーーーの実物大模型です

こんなのが動いてたら、、、
h3_20111103002603.jpg

でもアップで見ると以外にかわいいかも(笑)

h4_20111103002603.jpg


あとこの↓スコープが2箇所ありますので、行くことがあれば必ず覗いてみましょう

h0.jpg

動画でも撮ったのですが、これはぜひこの部屋の中で見てほしいので画像だけ。
h00.jpg
なんというか、ゆる~い気分に浸れます(笑)


駐車場入り口では、見ごろなイチョウが輝いてました
h1_20111103002604.jpg


館内の写真は許可を得て撮ってます
とっても気軽に「いいですよ~」と言ってもらいました

「白亜紀の世界と化石」の展示室の他に、「炭鉱の人々とくらし」「北海道の開拓と囚人」など、三笠の郷土博物館もかねてます。

入場料はかかりますが(一般450円、小中学生150円)、外で遊べないこれからの季節、おすすめな博物館です

三笠市|三笠市立博物館

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ

スポンサーサイト

コメント

愛゚・*:.。. .。.:*・゜

対象物を「ネタ」と見ると心が広くなります/(^◇^;)
巨大アンモナイトは受けた!スコープはさらに受けた!!
今度行ったときはアンモナイトなでて来ようっと(〃 ̄ー ̄〃)

アンモナイト(笑

空姉さんが撮った写真はなんで可愛いの?
ずらっと並ぶアンモナイトもかっこいい♪
アンモナイトへの愛情の違いかな(・´з`・)
スコープは凄い可愛かった^^
あれはその場で覗いてほしいね♪
私も写真撮ったけど見るたびニヤニヤしてしまいます^^

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://blueskynightsky.blog63.fc2.com/tb.php/150-f65e8445

道央観光 北海道三笠市 桂沢温泉 地域健康増進センター!山と温泉の秘境の地

桂沢温泉 地域健康増進センターは、山と温泉の秘境の地である北海道三笠市に所在する、素朴で落ち着けるお宿です。 華やかではないですが、自然の中で、のんびりのほほんとした

  • [2012/08/02 08:15]
  • URL |
  • 温泉ホテル・旅館予約 北海道おすすめの宿 |
  • TOP ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。